読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモメモですぅ

長文書きたくなった時用

ARIA The ANIMATION 感想

年始の暇な間に一気見しました ARIA is GOD

一応重大なネタバレにならない程度には注意してますが軽いネタバレがあるかもしれないので気になる人は先にARIA The ANIMATIONを全部見て、どうぞ

原作知ってたけど見たことなくてヴェネツィアに関係あるんだなぁぐらいの前知識だった

僕はヴェネツィア大好きです 行ったことないけど

第一話「その 素敵な奇跡を・・・」

火星をテラフォーミングして作った惑星アクアにある地球上(作中ではマンホーム)のヴェネツィアを模して作られたネオ・ヴェネツィア

ここではウンディーネと呼ばれる所謂水先案内人が主人公の物語 ウンディーネは水の精霊の事らしいです

 話はマンホームから旅行中のアイから仕事の依頼を受け、別会社の姫屋所属の藍華ネオ・ヴェネツィアを散策し交流を深める

アイちゃんがかわいい 恥ずかしいセリフ禁止

アイちゃんは全十三話全てに関わってきます アニオリらしい

第二話「その 特別な日に・・・」

アクア・アルタと言われるアクアの風物詩のようなもので、街中が水浸しになりウンディーネも開店休業となる日 灯里は姫屋に行き藍華の先輩の晃と出会う

僕も晃先輩みたいな先輩がほしかった ヴェネツィアでもアクア・アルタみたいなことあるんですかね 追記:そもそもアクア・アルタ自体ヴェネツィアで起こる自然現象の名前でした

第三話「その 透明な少女と・・・」

灯里と藍華はゴンドラの操舵中に天才肌で噂のアリスと出会う アリスは笑うことが苦手な事で悩んでいた

灯里ちゃんの笑顔を・・・最高やな でっかいかわいいです

第四話「その 届かない手紙は・・・」

謎の少女に手紙を届けて欲しいと頼まれる灯里 でもその宛先は・・・

灯里ちゃんが色々頑張る回 伏線回でもある 泣きました

第五話「その あるはずのない島へ・・・」

灯里の元へ差出人不明の招待状が届く 藍華にもアリスにも同じ招待状が届き・・・

特訓回でもあり水着回でもあり飯テロ回 晃さんの女子力 焼きおにぎり食べたい

第六話「その 守りたいものに・・・」

歌が超上手いアテナさん登場回 アリスが所属するオレンジぷらねっとでの色々

アテナさんでっかいドジっ子かわいい 作中でアテナさんが歌ってるカンツォーネはイタリアでの大衆歌の事らしいです

第七話「その 素敵なお仕事を・・・」

晃さんによる会社の壁を超えた指導回 ウンディーネとは何たるかプロとは何たるかを教えてくれます

新婚旅行とか一生機会無さそうですけどヴェネツィアには一回行ってみたいですね

第八話前編「その 憂鬱な社長ったら・・・」

AパートBパートで別のお話です

大掃除中のARIAカンパニーでやることなすこと裏目に出てしまうアリア社長は家出してしまう

アリア社長がかわいい ネオ・ヴェネツィアでは青い瞳の猫は幸運の守り神としてウンディーネの会社では社長にし、水に関わる仕事での平和と安全を祈願しているそうです

第八話後編「その イケてるヒーローってば・・・」

アリア社長はにゃんにゃんぷうと言うヒーロー漫画(絵本?)にハマり自身もヒーローになろうとし、少女の落とした人形を届けに行くため奮闘する

ぷいにゅ~ アリア社長回 アル君が何気に初登場している 別作品だと藍華の友達以上恋人未満な立ち位置らしいです アル君はノームの青年で地下で重力をコントロールする大事なお仕事をしているらしいです

第九話「その 星のような妖精は・・・」

灯里 藍華 アリスの三人はプリネ(一人前のウンディーネ)になるための秘訣を聞くためにARIAカンパニー創設者のグランドマザー、秋乃に会いに行く事に

田舎に泊まろう回 何気に三人でのお風呂 焦るなお前は強い・・・

第十話「その ほかほかな休日は・・・」

アクアにも冬が訪れ、アリシアのお誘いで藍華とアリスを誘って灯里は旅館へ行くことに

これまたお風呂もとい温泉 旅館で温泉に入ったりご飯食べたりのんびーりしてるのを見てるとこっちもほんわりする

第十一話「その オレンジの日々を・・・」

三人での合同練習を終えARIAカンパニーへと戻る灯里と藍華とアリス そこにはアリシアの他に晃とアテナも居て・・・

アテナさんポンコツかわいい 変わらない良さも変わっていく良さもあるんだよ 最終回詐欺 泣きました

第十二話「その やわらかな願いは・・・」

大雪でARIAカンパニーは開店休業 休みになったためアリア社長と古い橋を見に行こうとする灯里

ドジっ子とドジっ子が二人合わさり最強に見える 最終回詐欺その2 最後のシーンで色んな意味を感じ取れました さよなら、私のアッペニーレ 泣きました

第十三話「その まっしろな朝を・・・」

マンホームや他の地域ではクリスマスはみんなで、年越しは家族とが平均的だがネオ・ヴェネツィアではクリスマスは家族で、年越しをみんなで過ごします 

アイちゃん再登場 第四話の伏線を第十二話と丁寧に繋ぎ合わせて回収 これが本当の最終回です Augurio Buonanno! 泣きました・・・

 

時系列的には原作→アニメ1期→アニメ2期→アニメ3期→原作時々OVAって感じなのか

な?多すぎてよくわからない 暇があったら原作や2期以降見てみようかなと思います

f:id:mhhnnn:20160110073056j:plain  ここすき